検索
  • shiodastudyroom02

春の花を英語で

最終更新: 1月26日

先日、美容室で雑誌をぱらぱら見ていると、春のお花を紹介してるページがありました。花の名前はカタカナが結構多く、和名よりも外国語の名前の方が知られてるものも少なくないようです。hyacinthハイヤセン=ヒヤシンス、 muscari=ムスカリまたはその見た目からgrapes hyacinth =グレープヒヤシンス。早春に花を咲かせるcrocus=クロッカスの花言葉は「青春の喜び」複数形はcrocuses あるいはcrociクロシーなので、会話で出てきたら「ん?」と思うかもしれません。


英語のクロッカスの花言葉を調べてみました。Language of flowers- crocus: joy, renewal of life, blossoming of youth, and beauty: 喜び、生命力のよみがえり、青春の喜び、美しさ。どれも、今も冷たく固い地面の下にいて成長を続けている春の花にふさわしい花言葉ですね。


話は変わりますが、以前わたしは料理に使うサフランは黄色いクロッカスの雄蕊だと思っていました。サフランは同じアヤメ科のクロッカス属で花もそっくりですが、秋に咲くんだそうです。でも同属なら...と考えましたが、サフランしか香辛料にはならないそうです。というわけで、ここ数年はパエリアの作り方に考えを巡らせることなく、純粋に裏庭のクロッカスに春の喜びが感じられるようになりました。今年ももう少ししたら早春の花たちに会えます。立枯れた草木の下で、クロッカスたちはもう目覚めているでしょうか。

https://silverthreadgardens.com/language-of-flowers-crocus/

https://en.wikipedia.org/wiki/Crocus


4回の閲覧0件のコメント